ミネラル ハーブ

ミネラルたっぷり♪針を意味する名前の由来を持つハーブ

 

ネトルというハーブの生の葉は、表面の毛にヒスタミンが多く含まれています。

 

 

童話のイラクサ姫の中で、姫がイラクサで上着を編む場面がありますよね。

 

この場面ではイラクサの刺によって激しい痛みとかゆみで手を赤くしている場面が出てくると思います。

 

これは葉や茎に含まれているヒスタミンのせいだと考えられます。

 

 

このため、ネトルは生で使われることはほとんどありません。

 

 

しかし、ハーブとして飲まれているネトルは香りが柔らかく栄養価も高い最高のお茶。

 

ミネラルの宝庫としてよく飲まれています。

 

 

 

ほのかな優しい口当たりと香りから、他のハーブともブレンドしやすいのも特徴です。

 

 

ネトルには血液をきれいにする作用があるとも言われています。

 

 

この事からアレルギー体質の改善や、小児湿疹やアトピーにも使用されて来たようです。

 

 

特に花粉症の時期に飲むと良いハーブとしてローズヒップとのブレンドが最近注目されてきています。

 

 

また、栄養価が高いので妊娠の安定期以降からマタニティーブレンドとして使われることがあります。

 

 

ヨーロッパでは出産の3ヶ月くらい前から飲むと良いとされています。

 

また出産後の授乳期には母乳の出を良くしてくれるハーブとしても有名です。
ですが妊娠初期には使用する事が出来ないので注意が必要です。

 

 

ネトルって万能ハーブってイメージですね!